大阪の美容整形でフォトフェイシャル

美容整形は魔法ではありません

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルの効果、治療方法の案内。にきび、ニキビ跡、肌荒れ、小じわなどの治療費、よくある質問など。安心の適正価格でフォトフェイシャル治療が受けられる東京、大阪の美容整形の案内。人気のフォトフェイシャルのほか、美肌治療に関連する治療について、詳しくご紹介します。

フォトフェイシャルとは

最近注目されているスキンケア法にフォトフェイシャルというものがあります。特に、お肌のトラブルが気になりだした方に向いている治療方法で、最適な素肌作りをサポートできるスキンケアです。

お肌の内側から美しさを手に入れることができるフォトフェイシャル。沈着したメラニンにダメージを与えると同時に、コラーゲンの再生を活性化させます。しみや小ジワはもちろん、肌のハリも取り戻し、化粧のりが良くなるなど様々な疾患にも対応できます。なお、肝斑にも有効との報告がありますが、基本的にはフォトフェイシャル単独では悪化してしまいます。ハイドロキノンと併用するか、もしくは肝斑部は照射しない方がいいでしょう。

治療後のダメージが少なくて済みますので、周囲の人に特別な美肌治療を受けていると気づかれずに気軽に治療を受けることが可能です。

詳細はこちら

シワ治療について

シワとは、小ジワと大ジワに大別できます。皮膚の老化によって皮膚の中のコラーゲンが減少して、小ジワが発生します。大ジワは、皮膚の下の表情筋が老化することによって生じるもので、たるみによるものです。目元のシワなどは小ジワに該当し、鼻唇溝のシワなどが大ジワになります。また、それ以外にも、日常の癖によって生じるシワもあります。眉間のシワなどが典型的です。

シワの治療法は、基本的には、小ジワに対してはヒューマンコラーゲン、ヒアルロン酸など、フィラーを注入する治療を行ったり、光治療によって皮膚の中のコラーゲンを増加させる治療を行ったりします。一方、大ジワにはリフト手術を行って、たるみを改善することで大ジワに効果を発揮します。また癖によって生じるシワには、ボトックスという筋肉を麻痺させる薬を注入するという治療を行います。

アンチエイジングについて

シワなど気になるお肌のエイジングは、頬や目元からどんどん加速していきます。治療を受ける場合、老化の初期段階であれば注射等の皮膚科治療だけで満足できるかもしれません。しかし、より良い結果がもたらされるようにするには、初期の変化が小さい段階から、何らかのリフト手術を受けるといいでしょう。

当院では、日本国内で手掛けているドクターがほとんどいないといわれるようなリフト手術を、多数施行しています。内視鏡による前額部除皺術(ブローリフト)・顔面中部の若返り(ミッドフェイスリフト)・一般的なフェイスリフト(ロアーリフト)などさまざまなリフト手術を行っています。また、当院の院長はライフワークの一環として若返り手術を行っており、美容外科学会で講演発表したり、各国のセミナーに参加し、公開ライブ手術を行ったりして広く内外の医師に情報を提供しています。

一方で、こうした高度な技術を要する手術ではありますが、当院では、価格面でも患者様への配慮を忘れずに、他院に類をみないリーズナブルな価格設定を実現しています。院長の信条である、より多くの患者様に若々しくなって頂きたいという意思を反映した結果です。

また、手術を受けるだけの時間も予も余裕がないという患者様のために、、フェザーリフトやケーブルリフトあるいはエンドピールなどより簡単な処置によるリフトも行っています。
このように、できるだけ患者様のご希望に添った治療を用意し、エイジングの程度に添った的確で高度なテクニックを施すことにより、効果的で美しい仕上がりを実感していただけるはずです。
頬部分や目元のシワ・たるみを改善すると、5縲鰀10才の若返って見えます。誰でも、若い頃のように皮膚がピンと張って、お顔全体が持ち上がっている状態に戻りたいはずです。

詳細はこちら

日本美容外科医師会認定医療機関

copyright (c) ゴールドマンクリニック All rights reseaved.